menu


教誨師(きょうかいし) (2018)


教誨師(きょうかいし) (2018)

死刑囚6人との対話が始まる。

題名:教誨師(きょうかいし)
ジャンル:ドラマ
作品時間:114分
製作年:2018年
製作国:日本
映倫:G

[IMDb] 評価:―
[Rotten Tomatoes] 評価:― METER:― SCORE:―
[Yahoo!] 評価:4.05/5
[映画.com] 評価:3.7/5
[Movie Walker] 評価:4.0/5

Twitter Twitter Instagram Instagram

教誨師(きょうかいし) (2018)
監督:佐向大
出演・声の出演:大杉漣、玉置玲央、烏丸せつこ、五頭岳夫、小川登、古舘寛治、光石研 他

2018年10月6日公開の映画:教誨師(きょうかいし)

解説:名バイプレイヤーとして知られ2018年2月に急逝した名優・大杉漣がエグゼクティブプロデューサーを務め、最後の主演作となった人間ドラマ。彼らの改心を手助けする教誨師が、死刑囚たちと向き合う苦悩を描く。共演に映画初出演となる玉置玲央のほか光石研、烏丸せつこ、古舘寛治らが集結。死刑執行に立ち会う刑務官を描いた『休暇』の脚本を担当した佐向大がメガホンを取る。
教誨師(きょうかいし) (2018)
ストーリー:受刑者に対して道徳心の育成、心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く教誨師。牧師の佐伯(大杉蓮)は、半年前に死刑囚専門の教誨師として着任した。彼は年齢、境遇、性格の異なる6人の死刑囚と面会する。自己中心的な若者・高宮(玉置玲央)、おしゃべりな関西の中年女・野口(烏丸せつこ)、お人よしのホームレス・進藤(五頭岳夫)、家族思いで気の弱い父親・小川(小川登)、心を開かない無口な男・鈴木(古舘寛治)、気のいいヤクザの組長・吉田(光石研)。独房で孤独な生活を送る彼らのなかには、よき理解者であり、格好の話し相手である教誨師に対し、真剣に思いを吐露する者もいれば、くだらない話に終始したり、罪を他人のせいにする者もいる。一方、佐伯は彼らに寄り添いながらも、自分の言葉が本当に届いているのか、死刑囚たちが安らかに最期を迎えられるよう導くことが正しいのか苦悩する。そして彼もまた、その葛藤を通して忘れたい過去と対峙し、自らの人生と向き合うことになる……。

教誨師(きょうかいし)オフィシャルサイト
http://kyoukaishi-movie.com/

教誨師(きょうかいし)楽天市場で検索




教誨師(きょうかいし)をAmazonで検索

教誨師 豪華版 [DVD]


教誨師 [DVD]



教誨師 (講談社文庫)




教誨師(きょうかいし)

配信されているかどうかは、動画配信サービスにより異なり、また、時期により変更されます。
 最新の配信状況はそれぞれの動画配信サービスのサイトでご確認ください。

【U-NEXT】 【Hulu】 【dTV】 【FOD/フジテレビオンデマンド】 【au公式/ビデオパス】 【DMM見放題chライト】 【niconico動画】 【dアニメストア】 【TSUTAYA TV】

※動画配信サービス選びに迷っている方、又は観たい映画やドラマ・アニメが
・リンク切れになっている。
・ダウンロードしたい。  
・高画質で鑑賞したい。  
・最新作が鑑賞したい。  

という方は、是非こちらの姉妹サイト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
☆☆☆ Movieファン ☆☆☆
動画配信サービスをいろいろな内容で比較

をご覧ください。


関連記事
スポンサーサイト